介護施設

加速する高齢化社会のニーズに応え、公的、民間、いずれにおいてもさまざまなタイプの介護施設があり、それぞれにメリット、デメリットがあります。今後、メリットのさらなる拡大、デメリットの縮小、解消が望まれます。主な介護施設について、その現状を以下にあげてみましょう

主な老人ホームのタイプ:


介護老人福祉施設(「特別養護老人ホーム」「特養」)
介護老人保健施設(「老健」)
グループホーム
有料老人ホーム


介護老人福祉施設は安価である反面、入所待機となるケースが多く、大部屋(相部屋)となることが多いというのも敬遠される理由のひとつとなっています。

介護老人保健施設は、病院と自宅の中間施設で、リハビリ施設です。ただし、入所期間が3ヶ月程度になっていることから、いずれは退所することを念頭においたうえでの入所となります。

また、ケアハウスは、原則個室で、ほとんどの場合食事サービスがついていますが、あくまで身の回りのことを自分でできる、比較的自立した人が対象です。介護の必要度が大きくなると、退所しなくてはなりません。