介護施設の種類

介護施設の種類は、以下のように多岐にわたります。
上から介護必要性の高い施設になります。


■老人福祉施設
特別養護老人ホームとも言われ、入所者の対象年齢は65歳以上の高齢者、自宅では介護を受けることが困難な要介護度1〜5に認定された人のみが入所できる介護施設です。全国に約5.000施設以上あります。

 

■老人保健施設
老人リハビリ病院とも言われ、入所者の対象年齢は65歳以上の要介護認定者、リハビリと介護が必要な方が入所する保健施設です。全国に3.000施設以上あります。

 

■療養医療施設
療養医療施設、対象年齢は65歳以上の要介護認定者で、病状が安定し継続的な医療サービスを受けながら長期療養が必要な方が入所する医療施設です。全国に3.500施設以上ありますが、2011年には廃止される予定です。

 

■養護老人ホーム
養護老人ホームは、入所者の対象年齢は65歳以上、経済的な理由及び心身上の障害などより自宅での養護が困難であると認定された方が入所可能な老人福祉施設です。入所できるか否かは、養護老人ホームを管轄する福祉事務所が決定することになります。

 

■有料老人ホーム
有料老人ホームは、食事の提供や日常生活に必要な身の回りのお世話や食事の提供をし、常時10名以上の高齢者が入所している状態の施設です。また、老人福祉法による保護規定があります。

 

■軽費老人ホーム
一般的な有料老人ホームに比べると比較的低額な料金で高齢者を入所させるための施設で、日常生活に必要な身の回りのお世話をします。詳細はこちらのページでも解説しています。

 

■高齢者ケア付住宅
高齢者を対象とした集合住宅のことです。

 

■老人短期入所施設
冠婚葬祭、介護者の急病、一時的な用事(旅行等)などの理由により、一時的に自宅介護が困難になった場合に期間限定で入所させることを目的とした介護施設です。

 

■グループホーム
グループホームは、比較的安定した状態の認知症の要介護者同士により共同生活を送るための施設です。全国6.000施設以上あります。

 

■生活支援ハウス
高齢者に対する居住施設、介護支援および地域住民との交流を提供する生活支援施設です。別名、高齢者生活福祉センターとも呼ばれています。