要注意の有料老人ホーム

有料老人ホームの数が増加し、高齢化社会の需要に適応しようとする傾向は好ましいですね。ところがその反面で、実際入所してみれば想像していたのとは違っていた、というようなトラブルも増えてきています。

実態がパンフレットなどに記載されている情報と食い違っているということが原因です。希望が全て一致する老人ホームを見つけるということは困難であるかもしれません。

ですが、逆に「こういう有料老人ホームは、優秀なホームである可能性が限りなく低い」という点を幾つか挙げてみると参考になるかもしれません。

 

●有料老人ホームの届出が済まされていない老人ホームには要注意!
老人福祉法で「有料老人ホームを設置するものは、あらかじめその施設を設置しようとする地の都道府県知事に届け出なければならない」()となっているにも関わらず、この届出をしていない施設「類似施設」が全国に多数あります。届け出が済まされ、必要である調査や報告もされているということは、一定の基準を満たした老人ホームであるということで、とりあえず安心できるといっていいでしょう。

 

●表記の具体性が十分じゃない老人ホームには要注意!
「親切・丁寧なスタッフ」「家庭的な雰囲気です」というような、ありふれた表現ではなく、何人の介護スタッフがいるのか、資格は有るのか無ないのかなど、情報が具体的に書かれていることが大切です。「緊急時の対応」「終身介護」と言うようなときに、それは一体具体的にどのようなことをするのかを明確にし、それが基本的な管理費に含まれているのか、それとも別の費用が必要なのかの確認も怠らないでください。

 

●管理規定・契約書・重要事項の説明書がきちんと提示されない老人ホームには要注意!
ただ、契約を焦らせるばかりで、管理の規定や契約書など重要な書類を提示しようとしない老人ホームは注意が必要です。契約内容がハッキリしないままに契約を結んでしまうことは、絶対に避けてください。

 

●体験入居制度が設けられていない老人ホームには要注意!
入所する老人ホームを選ぶときには、実際に自分の目でその老人ホームを見て、本格的に入所する前に体験入所をすることで、想像していなかった実態に気づくということもあります。昼間には見えない夜間の介護体制なども明らかになってきます。食事もメニューを見るだけじゃなく、実際に食べて味わってみることが必要です。その機会を与えようとしない老人ホームは避ることをおすすめします。

 

そのほか、トラブルが生じた場合に相談できる窓口がない、スタッフの態度や雰囲気に問題がある、他の入所者に快活さが見えない、などは「これは要注意!」の施設であるといえるでしょう。