介護付き有料老人ホーム

加速して止まない高齢化社会。以前は高額だった有料老人ホームも今ではだいぶ廉価になってきています。また、個人の多様なニーズに合わせて、色々な形のホームが出来てきています。

「介護型有料老人ホーム」は、数ある有料老人ホームのなかでも特に人気があります。介護が必要ではない方と介護を必要とする方が一緒に生活する、一番一般的な形態です。

介護サービスがホーム自ら提供されるため、介護サービスを別個に契約する必要もありません。日常生活全般にわたり、温かく支援をしてくれるので安心できるというのが人気の理由です。

一般に「介護型有料老人ホーム」には、次の3つの形態があります。

 

1.グループケア型・・・入居者の介護度を施設の階によって区別しています。たとえば、要身体介護者、自立者、認知症患者、というような感じです。同じ介護状態の入所者で集団生活をするため、精神的な負担が軽く、安心することができます。その一方で、対人関係に問題が発生しやすく、介護を必要とする方々の階にスタッフが集中してしまうなど、階による職員の人数配置のバランスがとれないというデメリットもあります。

 

2.ユニットケア・・・専任の担当者を少数単位(5人〜9人ほど)で介護状態別につけ、専門的なケアを行います。グループ毎にリビングやキッチンやお風呂の設置がユニットケアの条件でもありす。介護状態に適したケアを受けることができるため、特に認知症のケアにおすすめできるといえます。対人関係に問題が発生しやすいというデメリットは否めません。

 

3.混合型・・・自立者、認知症患者、要身体介護者、要見守りなど、介護状を問わず、色々な方が自分の好みに合った部屋を選んで入所する形式です。大きな集団で生活するため、入所者同士の人間関係は比較的良好といえます。入所者同士が互いに助け合うことができる、という大きなメリットもあります。ただ、一人ひとりの状態に応じたきめ細やかな対応が困難である、というデメリットもあります。

 

上記のように、どの形態にもそれぞれメリットとデメリットがあります。入所時の身体、精神的状態を考慮し、、個人の趣向に合う形態を選択することが重要です。