認知症対応老人ホーム

自宅で認知症のお年寄りを介護するということは、実際とても大変なことです。しかし、入所するには一定の条件(介護認定など)が公的な施設にはありますし、施設の空きが十分ではないため、順番待ちという形になってしまうケースが多いという実状があります。

現在、そのようなご本人やご家族の方々のご負担、ご不安などを解消するため、認知症の方を受け入れる施設が有料老人ホームのなかでも増加しています。そのなかでも認知症の進を緩める効果があるということで、注目されているのがグループホームという形式です。

ここで、要支援2〜要介護1〜5の認定を受けており、認知症がある方を受け入れている、標準的なグループホームの様子を少しご紹介したいと思います。

 

介護保険では、グループホームは居宅サービスの1つであるというように位置づけられています。認知症のある、大体5〜9人のお年寄りがお互い助け合いながら、家庭的な温かい雰囲気のなかで生活を共にします。

居室は完全個室になっていて、一部屋6畳〜10畳くらいのところがほとんどのようです。そのためにグループ生活といっても、入所者のプライバシーは保たれるといえるでしょう。

また、標準では各部屋に、収納・洗面台・エアコンが設置されています。ほかにも、年中無休で介護職員が在住し、各個人の生活に適した介護サービスを提供してくれます。

ほとんどの老人ホームでは、他の入所者とのコミュニケーションを図ることを目的に、お正月のイベントやお花見、七夕、クリスマスなど、季節や一般的な行事に応じたレクレーションが用意されています。

そういったことが、認知症の症状の進行の緩和に一定の効果があるのではないかともいわれています。

ご自宅でご家族と過ごす生活の楽しみももちろんありますが、新しい楽しみとして、それとは別のお年寄り同士との交流もまた「脳の活性化」や「若返り?」役立つかもしれませんね。