有料老人ホームの入居費用

老人ホームへの入所は、人生の大きな買い物ともいえるものです。自分の考えをしっかりと持ち、体の自由が利くうちに、入所時、入所後の生活費、介護が必要になった場合の費用などの、将来的なあらゆる時点を見込み、資金計画を立てておきたいものです。必要な基本的費用をきちんと確認しておきましょう。

1.入所一時金・・・最初に入所する時点で必要な費用
入所一時金を支払うことで、入所者が共同の施設や専用の居室、サービスを利用する権利を獲得するためのものになります。

 

2.介護費用・・・介護をする上で必要な費用
介護保険制度によって、各都道府県の指定を受けている老人ホームでは提供される介護サービスの一部が保険の対象になります。

介護保険以外の費用の負担においては、入所時に一時金とは他に一時金で支払うケースと、月々の介護費用として支払うケースがあります。または要介護となってから請求されるケースもあります。金額の方は300〜800万と幅があります。おむつやちり紙などの消耗品は実費で支払うケースがほとんどでしょう。

 

3.月々に必要な生活費
●食費・・・老人ホーム内での食事サービスに支払うもの。ほとんどの場合では、実際の利用回数に応じて支払うようになっています。およそ4〜6万円。
●管理費・・・老人ホームの施設の管理やサービスのために月々必要なもの。費用の中ではそれぞれの施設で、最も幅があるものです。
●水道光熱費・・・管理費に含まれていることもあり、それぞれの施設によって様々です。およそ2〜3万円。
●個人的な生活費・・・交際費や電話代、趣味の費用、交通費など、個人的な有料サービスを追加で受けたとき、個人的に老人ホーム以外のサービスを契約したときなどに、別に費用が必要になります。
*毎月の費用は、入所している限りは、終身払い続けるものになります。負担になることなく支払える施設を選ぶことが大切です。

 

4.万一の費用
お葬式費用や病気や怪我をしたときなどに必要になるもの。