入居費用シミュレーション

以前は費用が高くかかるため、敷居が高かった有料老人ホーム。ですが、近年では昔に比べ廉価で、それぞれに合った施設が多く出来ていると言われています。それでは、廉価になったといってもどれほどの資金が必要になるのでしょうか?実態を把握し、早めに無理のない資金計画を立てておきましょう。

ここで、具体的な入居費用をシミュレーションしてみましょう。ある一般的な有料老人ホームを例に挙げてみます。

費用は一般的に、入居保証方式と入居一時金方式との2種類があり、月々の月額利用料はどちらを選ぶかで違います。

●入居保証方式の場合
100000円を入居保証金として支払います。退去時にこの保証金は全額返金されます。ただし、退去時の部屋の状況に応じてその修復費などを徴収される場合があります。

月額利用料は、食費は35000〜40000円、家賃は70000~75000円、管理費は25000〜30000円で、全て含めると14万円前後になります。

この場合においても、このほかにも実際には介護度によって異なりますが、介護給付金の一割負担や各部屋の電気代、医療費、オムツ代などが別に必要になります。


●入所一時金方式の場合
25万円〜26万円の入所一時金を契約時に支払います。入所後40ヶ月以内に退所する場合は、この入所一時金は月額(6000円ほど)で計算され、未償却分が返還されます。

償却後の追加金は要りません。この方式の場合、月額利用料は、食費が35000〜40000円、家賃が60000円〜65000円、管理費が25000〜30000円であり、全てを含めると13万円前後の月額利用料になります。

実際にはこのほかにも介護度によって異なりますが介護給付金の一割負担、各部屋の電気代、オムツ代、医療費、などが別に必要になってきます。

つまり、入所一時金方式の場合、入所一時金を多く支払うことで、月々の家賃を抑えるというものです。その一方で、入所保証方式の場合では、入所保証金をできるだけ低く抑え、それに加えて退所時に全額返還され、その代わりに月々の家賃が高くなるというものです。

長く住む予定であるなら、入所一時金方式の方がいいといえるのかもしれませんが、未来のことはどうなるか現段階ではわからないものです。

また、これはあくまで、一例であることを忘れないでください。入所金がかからないというところもあります。その場合は、それぞれの老人ホームでシミュレーションさせてもらいましょう。