軽費老人ホーム

高齢者入居施設の総称のことを老人ホームといいます。対象となる高齢者の違いや各施設の目的から10種類の施設があります。そのなかで、「軽費老人ホーム」があります。

「軽費老人ホーム」とは、一般的な老人ホームに比べ低い料金で高齢者を入所させ、目的を日常生活の便宜を図ることにおいた施設なのです。さらに細かく軽費老人ホームは、A型、B型、ケアハウスにわかれています。

●A型:利用料の2倍以下の収入であるなど、収入が少なくて身寄りがない、または何らかの家庭の事情により家族との同居が困難である高齢者を対象としています。


●B型:住宅事情や家庭環境などにより、自宅での生活が難しい人が対象です。ただし、条件として自炊ができる程度の身体的機能、健康状態であることが挙げられています。


●ケアハウス:自炊ができないほどの身体的な機能の低下がある、または独立した生活を送ることが難しく、家族からの支援を受けることのできない60歳以上の高齢者が対象です。自立した生活を促すための環境的配慮が施されているものです。

 

比較的低額ではある軽費老人ホームですが、あくまでも最低限の自分のことは自分でできる機能状態や健康状態であることを条件とされています。

このため、上記のようなことができなくなってしまうと退所せざるを得なくなってしまいます。また、各ホームの経営者との私的契約が、軽費老人ホームの契約になります。

「養護老人ホーム」や「特別養護老人ホーム」の場合は、要介護1〜5に認定された人(特別養護老人ホーム)などの一定の制限があります。

したがって、いずれ身体の自由が利かなくなってしまったときのことも考えに入れ、自分が希望する条件に合った老人ホームを探しながら有料老人ホームの選択をする必要があるでしょう。